過払い金の返還請求について

過去に消費者金融などから借金をしていた場合は、利息を払い過ぎてしまっているケースがあります。

そのような場合は払い過ぎた利息を取り戻すことが可能です。

過払い金返還請求の一連の流れとしては、まずは貸金業者に対して取引履歴の開示請求をします。貸金業者は10年間分の取引履歴を保管する義務がありますので、仮に契約書や返済明細などを紛失もしくは破棄してしまっている場合でも、取引履歴で契約内容や借入の事実を証明することが可能です。


取引履歴を手に入れれば、それを基に金利の引き直し計算を行います。金利の引き直し計算とは、本来支払うべき金利に計算し直すことです。この作業によって過払い金の額が判明します。



金額が分かれば、貸金業者に対して過払い金の返還請求をします。


しかしこの請求に対して素直に応じる貸金業者は少ないです。和解案としてかなり減額した金額を提案して来るケースが多いです。


この先の交渉を個人で行うことは難しいですので、出来れば弁護士に依頼することをお薦めします。

弁護士が対応すれば取り戻せる金額も増えますし、交渉の手間も一切かかりません。ただし弁護士が交渉した場合でも全額を取り戻すことは難しいです。



全額取り戻したい場合は訴訟提起する必要があります。



訴訟提起後の和解で解決する場合もありますし、業者によっては判決まで待たなければいけない事もあります。

また判決が出たとしても控訴してくる貸金業者もあります。

その場合は解決するまでに1年ほど要することになってしまいます。



Copyright (C) 2015 過払い金の返還請求について All Rights Reserved.